北朝鮮の国民には表の顔以外に裏の顔、つまり別のビジネスを持っている人が多いという。

国の経済は崩壊しており、国から任された表のビジネスだけでは食べていけないので、当然といえば当然のことではある。

平壌などの食堂でも、表の店には人がおらず、カギのかかっている裏手にまわると焼き肉の屋台があるお酒も出ている、などということもあるようだ。

北朝鮮人民は国に頼っていると死んでしまうので、自分で生きる術を見つけたくましく生きているのだ。