北朝鮮の指導者、金正日氏と、その偉大なる父、金日成氏。

金日成氏や、金正日氏には、数多くの伝説がありますが、その中でも超能力が使えるというものは、北朝鮮の学生が使う教科書や、金一族の伝説や、業績を讃えた本「白頭山伝説集」にも数多く記載されている。

その中でも、金日成氏は天が授けた1000年に一度の指導者で超能力が使えるとされていて、金正日氏も同じく超能力が使えるということになっているようだ。

地震を起こす能力、日本に大型台風を発生させる能力、瞬間移動をすることができる能力の3つは多く知られている。

「金正日氏が幼少の頃、世界地図の日本を黒く塗りつぶしたところ、日本が真っ暗になり、台風と稲妻と豪雨と地震に見舞われた」

「金正日氏は、地面を縮めて、数歩歩くだけで数千里を移動できるという能力を使い、”百戦百勝鋼鉄の霊将”と呼ばれるようになった」

という説がある。

しかし、”百戦百勝鋼鉄の霊将”と言われているが、金正日氏は戦争の時に現場で指揮を執ったことはないという説もあり、なぜそのように呼ばれているのかは謎だ。

超能力を使うことなく、死去された金正日氏。長生きする超能力こそ、必要だったようだ。